「ほっ」と。キャンペーン

Hide's Notebook

ブログトップ

<   2005年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

冬の北海道 その2

橋本 友男氏は語る

今回の北海道撮影では ブローニ版6x9(220)
16枚撮り13本 35ミリ版(36枚)11本を撮影してきました カット数で200カット
同じカットを絞りまたはシャッタースピードを変えながら2~3,4枚撮りまして
その中の良いものを保存しています。前回、今回メールに加工したのは全部
ブローニ版のフイルム分です。とにかく指先が冷たくて苦労しました。
白樹は今回の撮影行の中で一番気に入ってます。
b0004489_20453893.gif

白樹
b0004489_2057332.gif

美瑛川厳冬
b0004489_20514437.gif

霧氷輝く
b0004489_2054383.gif

丘の防風林
[PR]
by pxy06473 | 2005-01-24 20:45 | 橋本 友男写真館

橋本 友男写真館 冬の北海道風景写真

橋本 友男さんのメッセージ

風景写真協会の仕事で札幌に出張する機会が出来ましたので 足を伸ばし
小樽、美瑛町に行ってきました。小樽の西 高嶋岬からの日の出、マイナス20度
超える 美瑛の丘 厳しさと感動の混同する撮影行でした。



b0004489_13382713.gif

小樽高嶋岬風雪迫る
b0004489_1341576.gif

朝焼けの小樽港
b0004489_1342969.gif

白ひげの滝
b0004489_13432565.gif

北瑛白樺並木
b0004489_1345818.gif

霧氷の朝
b0004489_13465031.gif

夕照の唐松林
[PR]
by pxy06473 | 2005-01-23 13:40 | 橋本 友男写真館

ウイーンフィルの思い出

今日TV番組を見ていたらNHK教育TVで10時から昨年11月サントリーホールで開催されたウイーンフィルの演奏会が放映されていた。
<曲 目> M1:ピアノ協奏曲 第3番 ニ短調 作品30(ラフマニノフ)
       M2:交響曲 第4番 ヘ短調 作品36(チャイコフスキー)
  <出 演> 指 揮: ワレリー・ゲルギエフ
         ピアノ: イェフィム・ブロンフマン
       管弦楽: ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
<収 録> 2004年11月21日 サントリーホール
ウイーンフィルで思い出は1996年10月17日に福岡アクロスホールで
世界の小澤 征爾指揮によるコンサートが無料で聞くことが出来た。
たまたま勤務していた会社が冠で5年間日本で演奏会を契約していて
広報担当者が知っていたので恩恵を受けた次第です。
クラシックファンならこの演奏会のチケットはプラチナチケットだと聞かされクラシックにあまり縁の無かった私は後になってびっくりしました。
当日の曲目はモーツアルト「交響曲第41番ハ長調K.551「ジュピター」
とドヴォルザーク「交響曲第9番 ホ短調「新世界より」でした。
その前年には大阪のフェスチバルホールでウイーンフィルの演奏会を聞くことができましたが同じく小澤征爾指揮のものでした。
この時は残念ながら2階席の一番奥でした。でも無料で聞くことができたので贅沢はいえません。
今日の演奏会の静止画を数枚アップします。
b0004489_2363480.jpg
b0004489_236481.jpg
b0004489_237027.jpg

b0004489_23132635.jpg
b0004489_23133758.jpg

[PR]
by pxy06473 | 2005-01-09 23:06 | 全体

心温まる年賀状

毎年 いただく年賀状の中で今年はどんな事が書いてあるのか楽しみな年賀状があります。
その人の名は金平 敬之助氏で「ことばのご馳走」の他著書多数あり
ベストセラーにもなったこともあり、東洋経済新報社より出版されている。
金平さんとの出会いは『ことばのご馳走』を読み、ちょっとした言葉の一言で人を感動させ、またある時は落胆させることもあると言う実例を短い文章で書いてありました。
丁度 証券不祥事でバッジを着けて電車に乗るのも後ろめたい気がした時で社員も元気を失っており元気づける意味で金平さんの話を聞かせてみたいと思い直接会いに行き事情を話したところ快諾していただきギャラなし(当時 金平さんは某社の現役役員)で最初は京都支店でそれから次々と各支店でお招きして、役員の目にとまり、最後には東京で部店長会議にも招いて講話をお願いしたりしました。
その金平さんからの今年の年賀状です。

謹賀新年

2004年の5月。二人の旅はスイスでした。
(カーラットさんにお世話になった。ミュンヘンに住む日本女性だ。
結婚して25年経つ。ご主人はドイツ人。大のサッカー好き。
テレビの実況放送でも画面に向かっていつも怒鳴っているらしい。
一方、奥さんは批判派。
「大の男がボール一つに我を忘れて・・・・」
何度誘われてもサッカー場に足を運んだことがないそうだ。
チューリッヒで、そのカーラットさんから言われた。
「今日試合がある。本場のサッカーを見に行きませんか」
私はスポーツ好き。それを知っての誘いだ。路面電車で出かけた。
席は放送席の真下。ピッチは目の前。手を伸ばせば選手に届くほどだ。
国内リーグ。優勝に絡む試合。
それだけにプレーには迫力があった。カーラットさんがだんだん興奮した。
ドイツ語で大声で応援し始めた。帰りの車内での感想がいい。
「サッカーっておもしろい。いままでの人生損をした。」最近は自宅でテレビを観ながら画面蹴飛ばしているようだ。その姿に驚くご主人。
想像するだけで楽しくなるではないか。)
「25年間」貫いたサッカー嫌いも「90分間」でころりと変わるのです。
みなさんも今年は「新しい世界で、新しい楽しみも・・・」を、お祈りしています。
                   2005年   元旦
                     金平 敬之助
                         みどり
[PR]
by pxy06473 | 2005-01-02 15:58 | 全体

富士山

謹賀新年
大阪の知人より正月にピッタリの富士山の写真を送ってきてくれました。
ご紹介します。
*******************************************
蔦友会の皆様明けましておめでとうございます。
何時も皆様の健康で活力にあふれたメールを拝見し
奮い立っています。今年もよろしくお願い致します。
新年の写真送ります 富士をメインに冬景色です
 平成十七年 元旦    橋本 友男より  

********************************************
b0004489_156432.jpg
b0004489_1564182.jpg

b0004489_15104146.jpg
b0004489_15105632.jpg

[PR]
by pxy06473 | 2005-01-02 15:06 | 橋本 友男写真館